高血圧ストレッチ

血圧を下げるストレッチで高血圧治療する

血圧を下げるストレッチ

 

ストレッチで血圧を下げる仕組み

 

高血圧になる原因は、動脈硬化などで血管の内側が細くなり

 

著しく血流が悪くなると心臓が圧を高めるので起きると言われています。

 

その他にも血液がドロドロになり流れが悪くなるなど複数の要因が重なっています。

 

このように血液が上手く流れない場合に血圧が上昇し高血圧になります。

 

血圧を下げるストレッチは、高血圧患者の血流を改善するために作られました。

 

      ここに注目です。

 

ストレッチで血流を改善すれば、数分で血圧が下がります。

 

 

治療を受けているのに高血圧が治らない理由

 

ところで・・高血圧患者さんは、病院で治療を受けているにもかかかわらず

 

なぜ、いつもでも高血圧治療薬を飲み続けているのでしょうか?

 

みなさんも知っているように高血圧治療薬は、高血圧を治療する薬ではありません。

 

血圧が高い状態が続くと命の危険性がある合併症を起こしてしまうので

 

降圧剤によって強制的に血圧をさげているのです。

 

つまり降圧剤は、高血圧を治療する薬ではないのです。

 

薬で血圧をコントロールしている間に、高血圧になった原因である

 

食生活や運動不足などの生活習慣を改善しなくてなならないのです。

 

つまり高血圧は病院で治療するものではなく、自分自身で治療するものとされています。

 

 

なかなか下がらない高血圧

 

高血圧患者は、薬を飲みながら、生活習慣の改善に取り組んでいる筈です。

 

ところが・・多くの患者さんは、何年経ってもズルズルと薬を飲み続けています。

 

●塩分やカロリーをを控えた食生活に改善した

 

●ウォーキングなど適度な有酸素運動を毎日している

 

●食事や運度のおかげで肥満やメタボも解消できた

 

●喫煙や飲酒などカラダに悪いと思うことを辞めた

 

●ストレスが良くないと効いたのでストレス解消を心がけている

 

以上のような生活習慣を改善しているにもかかわらず、

 

思うように血圧は下がらないのが現状です。

 

現代医学では高血圧をダイレクトに治療できないといわれる原因です。

 

 

驚くほど血流を改善するストレッチ

 

生活習慣を改善しても高血圧が治療できない患者さんが多い中で

 

いとも簡単に高血圧の治療に成功している方が居ます。

 

日本の名医50人にも選ばれた、東洋医学のカリスマ医師、福辻鋭記先生の治療法です。

 

毎日5分ほどの血圧を下げるためのストレッチを行うという治療法です。

 

このストレッチをすると、5分後には血圧が10mmhg〜30mmhgも下がります。

 

ストレッチにより血流が改善されスムーズに血液が流れ出すからです。

 

毎日ストレッチを続けること2ヶ月〜3ヶ月かけて高血圧を根本治療します。

 

 

東洋医学のチカラ

 

このストレッチは東洋医学の考えをもとに作られた高血圧専用のストレッチです。

 

血圧が高いから、薬で血圧を下げるという考え方の現代医学では

 

なぜ血圧が上昇したのか?その原因を取り除くという治療法はできません。

 

血圧が上昇した原因を元から取り除けば、必ず血圧は下がるという東洋医学のチカラです。

 

しかも・・たった5分で血圧がさがるなんて驚きですよね?

 

ここに注目です。

 

血圧を下げるストレッチ